美容整形でバストアップ|長年の悩みを即解消

もっと自信の持てる胸に

胸を大きくする方法

カウンセリング

日本人の特徴

日本人は欧米諸国に比べるとバストが小さく、平均BからCカップと言われています。そのため、日本人女性の約8割近くの人が胸にコンプレックスを抱いている人がいます。また、女性は加齢や出産によってバストが垂れ下がってしまうこともあり、悩みが消えることはありません。しかし、バストアップするためのちょっとしたマッサージ方法や施術方法を知っておくと、きれいな胸を維持することもできれば、今よりも大きな胸を手に入れることができるでしょう。

自助努力で大きくする

胸を大きくする方法の1つにマッサージがあります。胸にあるリンパをマッサージすることで、血行が改善されて老廃物を排出することができます。そうすることで、ハリのある胸をつくりあげることができるのです。
まず滑りを良くするためにオイルやクリーム、乳液などを用意します。バストマッサージをする時、力を入れず優しく胸を包み込む感じで、滑らかに行なうことが大切です。特に垂れ下がっていると思われる人は、バストを下から上に押し上げるようにマッサージすると良いでしょう。次に、ワキ下あたりから胸の中心に寄せる感じで行なうとよいです。たった数分間のマッサージを行なうだけ簡単にバストアップ効果を得ることができます。ただし、これらは継続的に行なうことで効果が現れるため、即効性はありません。

簡単バストアップ術

即効性のある方法でバストアップしたい人は、美容クリニックにいくと良いでしょう。美容クリニックではヒアルロン酸注入や豊胸手術、脂肪注入といったさまざまな方法で希望の大きさの胸に仕上げてくれます。この中でも、最も手軽に行なえる施術方法がヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は、高い保水力があり化粧品やサプリメントにも使われていますが、もとも人の体内に持っている成分でもあるため、副作用も少なく医療分野でも使われています。ですから、ヒアルロン酸をバストに注入しても拒絶反応がみられることなく、胸に自然な膨らみを持たせることができます。また、施術時間も短く、胸に注射をするだけで簡単に施術を終えることができます。費用面を他の施術方法と比べても安く行えることもあり、多くの女性がこの方法でバストアップに成功させています。しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されやすい特徴があるため、数年で元の胸の大きさに戻ってしまうようです。ですから、定期的に通ってヒアルロン酸注入をする必要性が出てきます。

カウンセリングも大切

美容クリニックでは、施術を行なう前にカウンセリングを行ない、メリットやデメリット面を伝えたうえで施術者の納得できる方法で治療を進めてくれます。逆に、カウンセリングで自分の希望を伝えることができず、言われるがまま行ってしまうと想定外の結果となることも考えられます。きちんと口コミや評判などで情報収集を行ない、美容クリニックを選ぶようにしましょう。

レディ

プロに頼る

自分の力だけでバストアップをするのではなく、プロの力も借りながら正しい方法でバストアップを行なっていきましょう。そうすることで、理想の胸を手に入れることができるでしょう。

医者

栄養の摂取も重要

バストアップのために、マッサージやサプリなどいろいろ試しているけど効果が感じられない人もいます。まずは、食事でバストアップに必要な栄養素を摂るようにしてみると良いでしょう。

胸

クリームを使う

エステでバストアップの施術を受ける場合は、施術の後にクリームを使ってクールダウンをしてくれるかどうか確認してみると良いでしょう。クールダウンに使われるクリームの成分にはバストアップ効果が高まる成分が含まれている物を選びましょう。